読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とちのこえ

アニメ・漫画・ラノべと舞台・土地・食べ物とその周りのことを

「ヤマノススメ」四十八合目の舞台訪問行ってきたよ~筑波山ナイトハイク~

ヤマノススメ」の原作四十八合目(「新しい決意」)、それはあおいとひなたがリア充夜景を観に行った(違)筑波山ナイトハイク回。
筑波山のイルミネーション及び、ロープウェイ夜間運行は秋冬限定。
ここで逃すと次いつ行けるか分からないので今回突撃。
参考:筑波山ロープウェイ★スターダストクルージング★夜の空中散歩 [筑波山ケーブルカー&ロープウェイHP]
※夜間運行は“土日祝日”のみの運行なので要注意。

■まずはつくばエクスプレス

つくばエクスプレス筑波山シャトルバス・筑波山ロープウェイ運賃全て込み込みの筑波山切符というものがあるので購入。
参考:筑波山きっぷ [つくばエクスプレスHP]

つくばエクスプレス秋葉原から約60分。
筑波山シャトルでつくば駅から約50分。
f:id:mitatowa:20151222000204jplain
本当は作中に合わせて夕方に到着したかったつつじヶ丘ロープウェイ乗り場。
f:id:mitatowa:20151222000205jplain
ひなた「夕方から出発でいいの?」
みたとわ「ごめん、もう夜なんだ…」

■登ろう筑波山

気を取り直して作中で通ったおたつ石コーススタート。
f:id:mitatowa:20151222000206jplain
想定時間は山頂まで約80分。
この時点で17時30分。
つくば駅への最終バスは19時10分。
やばい…

■おたつ石コース

登山コースは全く苦労することなく登ることが出来ます。
もちろん夜なのでヘッドライト必須。
大きな岩を乗り越える箇所があるので両手は空けておきたいところなので、懐中電灯は避けた方がよいかと。

■作中で出てきた登山中の背景

弁慶の七戻りは岩をくぐってから反対方向に描かれてたり。
左:登ってきたところ
右:くぐって振り返ったところ
f:id:mitatowa:20151222000208jplain f:id:mitatowa:20151222000207jplain
母の胎内くぐり。
f:id:mitatowa:20151222000209jplain
狭い隙間をくぐりぬけるはずが身体が引っかかりそうだったのでパス。

■無事登頂

筑波山(女体山)877m登頂!
記念撮影。

f:id:mitatowa:20151222000210jplain f:id:mitatowa:20151222000211jplain
夜景をバックに撮影したら真っ暗。
f:id:mitatowa:20151222000212jplain

■さあ下ろう。

登ってる時に山頂直下の広場にあるっていうイルミネーションのところから音楽聞こえないし、ロープウェイ真っ暗だし「やべー動いてないのか?歩いて下りるとバス間に合わないや…」ってなってたけど、よかった営業していたよ。しかも間に合ったよって嬉しかった。

作中ではリア充カップルだらけだったけど、寒いからかカップルはほとんどおらず家族連れだらけ。 きっと秋ならカップルがいっぱいだったのかな?
f:id:mitatowa:20151222000214jplain
筑波山の夜景はとても素晴らしかったです。
f:id:mitatowa:20151222000213jplain
広い関東平野、高い建物がない、空気が綺麗ってことで一面にだーっと奥まで見えて清々しい気分を味わえるのでオススメです!

下りのロープウェイ。
f:id:mitatowa:20151222000215jplain
車内で茨城県民な家族が方言全開で喋ってるのを聞いて「ああ、ここ茨城なんだな…」なんて。

最後に。
夜に登るきっかけを与えてくれたヤマノススメはいいぞ。
(時間には余裕を持って登りましょう)