読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とちのこえ

アニメ・漫画・ラノべと舞台・土地・食べ物とその周りのことを

鍋割山の鍋焼きうどんは美味しかった~ヤマノススメ舞台訪問~

AnimeJapan2016とゆゆ式イベント絡みで東京行くしついでに山登るかと選んだ山・鍋割山。
ヤマノススメでは七十七合目「鍋割山で鍋焼きうどん!!」で描かれています。

登山ルート自体は作中でもあおいとひなたが歩いた一番ポピュラーな大倉→二俣→後沢乗越→鍋割山ルート。
秦野市観光協会公式サイトによると片道約3時間50分。
十分な余裕を見込んでスケジュール組んで出発。

■鍋割山登山行程表

さて、作中ではいきなり林道からスタートですが、そこまでの行程も書いていきます。
※バス・電車の時刻は平日のものとなります。
参考:神奈川中央交通渋沢駅北口バス停時刻表

小田原駅から小田急小田原線にて渋沢駅へ
06:17小田急小田原駅
06:32小田急渋沢駅着

始発のバスを利用。
06:48渋沢駅北口乗車
07:03大倉駅下車

登山届を書いてさあ出発。
07:20スタート。
f:id:mitatowa:20160330203949j:plain f:id:mitatowa:20160330203950j:plain f:id:mitatowa:20160330203951j:plain
07:28住宅地内の道路から登山道へ。
f:id:mitatowa:20160330203952j:plain f:id:mitatowa:20160330203953j:plain
07:38扉絵の場所へ。
f:id:mitatowa:20160330203954j:plain
08:07林道を進み水源の森林づくりの案内板。
f:id:mitatowa:20160330203955j:plain
08:11滝分かれ、階段を何十?段降りたら滝があるみたい。
ひょっとしたらあおい達も帰路余裕があって立ち寄ったかも?
f:id:mitatowa:20160330203956j:plain
08:19工事関係者用道路との交差、右側を進む。
f:id:mitatowa:20160330203957j:plain
08:22石像
全日本山岳連盟(現日本山岳協会)を設立した尾関廣氏の胸像。
f:id:mitatowa:20160330203958j:plain
08:26二俣、ヒル対策の塩の箱があったけど塩はなかった。
f:id:mitatowa:20160330203959j:plain
※作中背景(林道終点到着時)に描かれている標識はここのものです。
08:27二俣のところで川を渡り左へ。
f:id:mitatowa:20160330204000j:plain
08:42標識1、山頂までで10番まで見かけました。
f:id:mitatowa:20160330204001j:plain
08:43また川を渡る。
f:id:mitatowa:20160330204002j:plain
08:48林道終着点。
f:id:mitatowa:20160330204003j:plain
作中ではこの時点で「1時間経過」とあるけれど、おそらく林道入ってからの時間かな?
f:id:mitatowa:20160330204004j:plain
08:49ペットボトルボランティア、4Lは重かった
f:id:mitatowa:20160330204005j:plain
あおい「わたしだって持っていくわよ!4Lのやつ!!!」
うん、無茶はやめよ?
ここからの道のりが本番って感じでしたが、作中では傾斜がきつくなるとだけ。
足元は階段で歩きやすいけれど歩幅が制限されるから嫌なんじゃ~。
08:56沢を超える
f:id:mitatowa:20160330204006j:plain
08:58標識3
f:id:mitatowa:20160330204007j:plain
09:09標識4、ここまで圏外だったのにここだけ電波入りました(softbank)
f:id:mitatowa:20160330204008j:plain
09:14標識5、既にこの時点で4Lの重さにヘロヘロになり始める
f:id:mitatowa:20160330204009j:plain
09:22標識6
f:id:mitatowa:20160330204010j:plain
09:32標識7、もう少し!と気持ちを立て直す
f:id:mitatowa:20160330204011j:plain
09:38樹にペンキで書かれた1,000m表示、これでかなり気持ちが楽になりました。ありがとうありがとう。
f:id:mitatowa:20160330204012j:plain
09:44標識8、ここから延々と尾根を登る
f:id:mitatowa:20160330204013j:plain
あおいが小休止したのはこの辺り登る前後かなって。
f:id:mitatowa:20160330204014j:plain
09:55標識9、もう少し
f:id:mitatowa:20160330204015j:plain
09:58標識10、あと少し
f:id:mitatowa:20160330204016j:plain
10:20登頂!
f:id:mitatowa:20160330204017j:plain
ここかな?
あおい「苦労するのも悪くないかも」
f:id:mitatowa:20160330204018j:plain
あおいちゃん、鍋割山に立つ。
f:id:mitatowa:20160330204020j:plain
もう1枚。
f:id:mitatowa:20160330204019j:plain
あおい「むっちゃ美味しい!!」
f:id:mitatowa:20160330204021j:plain
※山小屋に入る前に外に荷物を置くこと。
※鍋焼きうどん1,000円。
参考:鍋割山荘

登ってる時は晴れ→曇りだったけど、山小屋を出るとこの状態。雨もポツポツ。
今回登山やり始めてから初めてレインウェアとバックパックの防水カバーを着用。

11:16下山開始。
f:id:mitatowa:20160330204022j:plain
12:14林道終点。
f:id:mitatowa:20160330204024j:plain
ポツポツ降られたのはこの辺りまで。なんとか耐えた。
12:37二俣。
f:id:mitatowa:20160330204023j:plain
13:24扉絵の場所で記念撮影。
f:id:mitatowa:20160330204025j:plain
登山道から出て見たら空は明るくなってる。のどかな場所。
f:id:mitatowa:20160330204026j:plain
13:42戻ってきました。
f:id:mitatowa:20160330204027j:plain
登り180分、山頂での食事・トイレ休憩56分、下り128分。
f:id:mitatowa:20160330204028j:plain

■下山後はやっぱり温泉

下山して靴を洗ってるとちょうどバスが。
さっさと小田原に戻ってホテルで預けていた荷物を受け取ってそのまま温泉へ。
小田原駅すぐ近くにスーパー銭湯があるのでがっつりくつろいできました。 ロッカーあり、ロッカーに入らない荷物はフロントで預かってくれる、水風呂あり、サウナ2種。 よくくつろぐことが出来ていいお店でした。 参考:小田原お堀端 万葉の湯